ウルフルズが教えてくれること。

4年ぶりに開催されたウルフルズの万博ライブ、「ヤッサ」。

コロナになってから、ライブは初めて。

音を浴びる感じを満喫しよう、と必死なことに途中で気づき。

「取り戻したい気持ち」が、いつの間にか自分の中に、こんなにあったんや、とびっくりした。

トータスの「ヤッサができて、このステージに立てていることが嬉しい」という言葉が、心に染み入った。

「暴れだす」では涙が止まらず。

長いことウルフルズのファンやけど、こんなに噛み締めたライブは初めてやったかも。

グッズの「都こんぶ」

ウルフルズが教えてくれること。

たくさんあるけれど、「まっすぐな姿」を見せてくれるところが大きいかなあと思う。

彼らは、いつもそうだ。

悩んだこと、迷ったことを正直にファンに言ってくれる。

曲はもちろん、そういうところも好きやなあ、とつくづく感じた。

そして、私も「まっすぐ」でありたいと思う。

今度のツアーも楽しみ!

改めて、デビュー30周年おめでとう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA