街と山のあいだ

若菜晃子さんの「街と山のあいだ」を読みました。

山や山にまつわることが、すっきりとした文章で書かれていて。

「似たような体験あるなー」と感じたり、「この山、行ってみたいなー」と思ったり。

読み終わるのが惜しくなる、そして何度も読み返したくなる大切な一冊になりました。

帯に書かれている

「人生に、山があってよかった。」

まさに、そう!

山に教えてもらったこと、感じたことは間違いなく、わたしの糧になっていて。

それを下界(麓)で感じることが、コロナ禍になってから、より感じている気がする。

若菜さんは、山ではいつもメモをとるようにしているそう。

確かに、後で思い出そうとしても、記憶が曖昧なことが多い。

これはマネしてみよう!

そして読み終わった今、一番思うことは、

「山に行きたい!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA