「短歌」が気になる。

本屋さんで、ふと目に入った歌人 木下龍也さんの「天才による凡人のための短歌教室」。

直感で買って読んだら、面白くて。

短歌って、こんなに自由なんや! っていう発見。

一首が作られる過程も書かれていたのが興味深かった。

なので、最近、出版された「あなたのための短歌集」も購入。

まだ読みかけなのだけれど、心震えっぱなし。

優しさや切なさが、文字から湧き上がってくる感じがして、たまらない。

それを31音で表現できるなんて…!

木下さん、天才やわ!(本人は、天才になりえないと言っていますが)

もともと、短い文章が好きだったので、作ってみるのも楽しいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA