話して、放す。

「話すことは、放すこと」だと、何かで知った。
「そうなんやー」と思いつつ、実感することはないままだった。

この間、とあるセッションを受けた。
今の悩みを聞いてもらっているうちに、子どもの頃の話に。
好きだった、楽しかった、しんどかったこと。
どんどん出てくる、話せる。
ひとしきり話した後、
「その時の自分に、どんな言葉をかけてあげたいですか?」
と聞かれた。
少し考えて出てきたのは、
「なんとかなる。大丈夫。」
その途端、涙が出てきそうになった。

自分は、こんなにも縛られていたのか。
そのことに、今まで気づいてなかったのか。

憑き物が落ちるって、よく読んだり聞いたりするけれど。
こんな感じなのか!
今まで自分の中にあった、決して小さくない岩石のようなものが、抜け落ちた感覚。
飲んでいたジンジャーエールが、さっきより鮮やかに見える気がする。

それからの私は、これまでとは違う前向きさを手に入れた感じ。

ホンマ、「話して、放す」って大事なんやなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA